海外生の医師国家試験、医師予備試験の対策講座を提供しております
 医師国家試験の受験勉強の前に、準備が必要です
 日本語医学用語の習得:問題を読める日本語、受験勉強ができる日本語力が必要です
 コアカリの確認:国家試験にお出る範囲、項目を確認しておく
 公衆衛生:学んでいない分野の確認
 ここが出来て、受験勉強が出来ます
 そして、現状把握です
 受験は合格を目的にしています
 合格に向けて、いまどこにいるのか、何が足りないのか、現状を把握して対策が立ちます
 受験勉強を始める前に、<現状確認試験>を勧めます

最新情報

News

 「海外生の医師国家試験、予備試験の準備講座
 海外の医大で学んだ方、海外医師、海外医学部卒の方、
 知識が日本語になっていない方、知識がマッチしていない方、日本語の問題が読めない、解けない方、
 知識を日本語に転換する、訓練講座です。
 コアカリの問題で、日本語用語を確認していく。
 総論 509問、各論 1,748問、計2,257問を確認していく。1週200問で11週かかります。3~6か月を要します。
 コアカリ問題で確認することは、国家試験受験のベースになります。<一石二鳥>
 ここを丁寧に確認する。受験勉強が出来る状況になる。
 ―コアカリ確認が出来て、日本語用語が把握されて、受験勉強が出来ます。
 ※コアカリ(医学教育モデルコアカリキュラム)とは、日本の大学医学部で講義の3分の2はコアカリの項目を教えることが義務付けられている項目です。
 日本の医学生はこの項目を学習し、このコアカリの中から国家試験が出題され、現役生の95%が合格します。日本の国家試験のベースです。
 当コアカリ準拠問題:平均正答率80%、60%が赤点ラインです。